南台湾のポイントってどこ?波質は?いつがベストシーズン?

ローカルサーフガイドのティムが解説します。

カレントやゲッティンアウトの仕方なども、しっかり教えますので

安心して付いて来てください♪

佳楽水(チャーロースイ)

アクセス:恒春から車で20分

地形:正面に向かって右側が河口(主にレギュラー)、左側が玉石(主にグーフィー)。波質:メローなファンウェーブ、膝から頭オーバーまでサイズは様々。

シーズン:秋~春(10~4月)東北からの季節風で波が立つ。

冬(12~2月)風が強くジャンクなコンディションの日もあるが、風が止めば綺麗な波が期待できる。

夏(6月中旬~9月)台湾の南東の海上に低気圧や台風が発生するとウネリが入る。頭オーバーになることもしばしば。それ以外の日は波が小さく、稀にフラットの日もある。(特に5~6月)

 

一年を通してサーフィンができることから、幻のポイントとも呼ばれている。


南湾(ナンワン)

アクセス:恒春から車で10分

地形:砂とリーフ(レギュラーのみ。)

波質:膝から頭サイズの波が綺麗にブレイクし、サイズアップすればチューブとなる。

シーズン:夏 台湾南の海上に発生した低気圧や台風がマシンウェーブを作り出す。

冬 北風が止み、潮の干満でタイミングが合えばチャンス。

 

ポイントブレイクなので、混雑やトラブルに注意が必要。


九棚(ジョーポン)

地形:砂と玉石

ベストシーズン:春夏

南西風のオフショアで綺麗にブレイクする。

ベストサイズは頭まで。(それ以上だとダンパーになる。)


西側

地形:ビーチ、リーフ、玉石など、様々な地形のポイントがある。

ベストシーズン:夏

台風や低気圧のウネリが届いた時のみ波がある。

初心者から上級者まで楽しめる。 


お問い合わせ先: 

メール: kanzisurf@livemail.tw

LINE: kanzisurf

電話: +886958373522